【成功率を高めるスカウト運用】スムーズな日程調整②/早めの対応を促す

ダイレクトリクルーティングとは

新卒採用において、従来の採用手法である「新卒ナビ媒体」を活用している企業が多くあるのではないでしょうか。

その中で近年注目を集めているのが「ダイレクトリクルーティング」。
「新卒ナビ媒体」は学生からの応募を待つ採用手法ですが、ダイレクトリクルーティングは企業から学生に直接アプローチすることができることから「攻めの採用」と言われています。

この「ダイレクトリクルーティング」を活用することで、自社の採用要件にマッチした学生にアプローチすることができ、従来よりも会う人数を抑えて効率的な採用活動を行うことができます。

しかし、ただスカウトを送るだけでは効果は出ません。
効果的な施策と改善を繰り返して、採用効率をあげましょう。

ここでは、イベントへの集客に大きな影響を及ぼす「メッセージ」について、日程調整率を改善するためのコツをご紹介します。 

(参考) 【新卒】「ダイレクトリクルーティング」とは何か? ダイレクトリクルーティングのメリットとデメリットを理解しよう

ダイレクトリクルーティングにおける、メッセージの重要さ

スカウトからイベント参加までの流れは以下の通りになっています

「スカウト送付」→「スカウト開封」→「スカウト承諾」→「日程調整」→「イベント当日参加」

他の記事でご紹介した「スカウトタイトル」「スカウト本文」でスカウトの開封率・承諾率を改善したら、次のステップは「日程調整」です。

この「日程調整率」が低い場合、スカウトを承諾してくれた学生と接触する機会を損失してしまいます。
会いたいと思う学生にイベントに参加してもらうために、日程調整率改善の施策も実行していきましょう。

日程調整の施策の上で大切なのが、日程調整を促すメッセージです。
このメッセージ次第で、日程調整率が大幅に変化するため、イベントに予約してもらえるメッセージを作成しましょう。

また、スカウト内容との一貫性も大切です。イベント内容や選考概要に差異があると、学生の混乱を招き、興味関心が薄れてしまう恐れがあります。メッセージは丁寧に、相手のことを思って作成するよう心がけましょう。 

(参考) 返信率をグッと高めるスカウトメールの書き方 次項からは具体的に、魅力的なメッセージを作成する方法を紹介します。

ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法:早めの対応を促す

スカウト承諾した学生全員が日程調整をするわけではありません。中には、スカウトを承諾しても日程調整に至らない学生もいます。
そのため取りこぼしのないよう、多くの学生を日程調整に促し日程調整率を高めることが大切です。

そこで、今回紹介するコツは「早めの対応を促すこと」です。

学生が日程調整をしない原因の一つに、後回しにして忘れてしまうことが挙げられます。
この課題に対しては、日程調整をリマインドすることである程度改善することができます。

しかし、直接的な表現で日程調整を催促してしまうと圧迫感が出てしまい逆に日程調整率を下げてしまうため、適切な表現が必要です。

例えば、少人数でイベント開催をする場合などは、「定員に限りがある」「満席になり次第調整できなくなってしまう」ことを伝えて催促することで日程調整率を改善することができます。

次項では、このコツを使って日程調整率が改善した実例をご紹介します。いつものメッセージに一言加えるだけで実践可能なので、参考にしていただけると幸いです。

実際のメッセージ例とその効果

以下では、実際に今回の手法を用いて日程調節率を改善した例をご紹介いたします。

unnamed-1-3

「満席になってしまう前に」という短い文章を加えることで、大幅に日程調整率を改善することができました。

スカウト承諾後すぐに日程調整進まないことが多く、離脱者が出てしまうことに問題を感じていました。このように「満席になってしまう恐れがあること」を学生に伝えることで日程調整に繋げることができます。 

unnamed-Feb-25-2021-06-17-21-04-AM
こちらの例ではイベントに定員があることを伝えており、1つ目の例と同様に効果的でした。
イベントに参加したい学生は、定員がある事実を知ることで、すぐに日程調整に取り掛かるので、一文加えるだけでも、改善に至る可能性があります。

少人数での説明会や座談会、個別面談を開催する場合には、席が限られていることや席数自体を記載し、日程調整を促していきましょう。

さいごに

いかがだったでしょうか。

今回紹介した「早めの対応を促す」ことで、日程調整率が改善することがわかりました。 日程調整に至らない学生もいますが、このコツを用いて会いたい学生と出会うチャンスを掴みましょう。 本HPでは、ダイレクトリクルーティング運用に役立つ記事を沢山紹介しているので、他の記事も参考にしていただけると幸いです。 (参考) 【成功率を高めるスカウト運用】スムーズな日程調整①/イベント参加への心理的ハードルを下げる ダイレクトリクルーティングの運用担当に求められる3つの資質 また、Matcher Scoutでは、独自のA/Bテストシステムによって、弊社担当者がより効果的な文言や画像を見つけ出し、御社が本当に会いたい学生に会える確率を向上させることができる機能があります。 興味がございましたら、お問い合わせフォームより、ご連絡いただけますと幸いです。

Phone Number 03-5544-9075

受付時間(平日10:30~19:00)

|
お問い合わせ
メールでお問い合わせ

電話でお問い合わせ

受付時間(平日10:30~19:00)