【成功率を高めるスカウト運用】スムーズな日程調整③/吟味してスカウトを送ったことをリマインドする

ダイレクトリクルーティングとは

新卒市場における採用手法はナビ媒体や人材紹介、イベント、ダイレクトリクルーティングなど、近年多様化しています。自社の採用予算や人的リソースに応じて、複数の手法を組み合わせながら採用を実施している企業も多いのではないでしょうか。

聴き馴染みのない方もいるかもしれませんが、最近では「ダイレクトリクルーティング」を採用手法として導入する企業数が増えています。

この「ダイレクトリクルーティング」最大の特徴は、
会いたい学生に直接アプローチできることです。

ダイレクトリクルーティングを導入することで、会いたい学生に会える確率が高まるだけでなく、
従来よりも会う人数を抑えて効率的な採用活動ができます。

ここでは、日程調整率を大きく左右する「メッセージ」の重要性、そして魅力的な「メッセージ」の作成方法を実例を交えてご紹介します。

(参考)
【新卒】「ダイレクトリクルーティング」とは何か?
ダイレクトリクルーティングのメリットとデメリットを理解しよう

ダイレクトリクルーティングにおける、メッセージの重要さ

ダイレクトリクルーティングの導入目的の多くは「採用要件にマッチしている学生を採用すること」です。

最終ゴールである「採用」に至る過程で、学生に自社について理解を深めてもらうため、独自のイベントを開催します。そして、スカウトを通じて、そのイベントに参加してもらう必要があります。

そこで重要な変数が日程調整率です。

日程調整率とは、スカウトを承諾した学生の内、説明会予約や選考会にエントリーをした学生の割合を指します。

せっかくスカウトを承諾しても、日程調整に至らない学生が多くいた場合、企業は会いたい学生と会う機会を逃してしまいます。

スカウト承諾率を改善することも大切ですが、日程調整を促す「メッセージ」も同様に大切です。

メッセージの受け手である学生に「イベントに参加したい!」と思ってもらえるメッセージを作成しましょう。

(参考)
返信率をグッと高めるスカウトメールの書き方

次項からは具体的に、魅力的なメッセージを作成する方法を紹介します。

ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法:吟味してスカウトを送ったことをリマインドする

先述した通り、スカウトを承諾しても日程調整に至らない学生も多数います。

その理由は様々ですが、スカウト承諾後、その熱が冷めないうちに「イベントに参加したい!」と改めて学生に感じてもらうメッセージを送信しましょう。

そのため、学生がメッセージを見たときの受け取り方・印象は大切です。

そして、その受け取り方を改善する方法が今回紹介する
「吟味してスカウトを送ったことをリマインドする」です。

同じメッセージでも、学生のプロフィールに向き合ったことが明記されている場合とない場合では受け手の印象は大きく変わります。

例えば「自社に合っている」「本スカウトを受け取った学生限定」という文章が明記されることで、特別感を感じます。

このように、メッセージの中で「あなたにぜひ参加してほしい!」という想いを伝えることで、日程調整率を改善することができます。

学生にスカウトの本気度が伝わるメッセージを送信し、会いたい学生と沢山出会いましょう。

次項では、スカウトの本気度を伝える方法を具体的にご紹介します。いつものメッセージに一言加えるだけで実践可能なので、参考にしていただけると幸いです。

実際のメッセージ例とその効果

以下では、実際に今回の手法を用いて日程調節率を改善した例をご紹介いたします。

unnamed-4

 

「自社にマッチしている」ことを伝え明記することで日程調整率が改善しました。

やりたいこと・就活軸が明確にある学生にとって、それを実現できる企業は魅力的に感じます。そのため「自社にマッチしている」ことを明記することで、イベントへの参加意欲を高めることができます。


unnamed-1-2
「プロフィールを拝見し、厳選してスカウトを送っております!」という一文があることで、受け手の印象は大きく変わります。学生一人ひとりのプロフィールと向き合う真摯な姿勢が伝わり、企業側の「会いたい!」という想いが伝わりやすいでしょう。

スカウトを受け取った学生も本気度を感じ日程調整に至りやすくなります。

さいごに

いかがだったでしょうか。

今回紹介したコツ「吟味してスカウトを送ったことをリマインドする」など、あと一歩の後押しをメッセージで伝えることで、日程調整が大幅に改善されます。

日程調整率を改善し、会いたい学生に会える機会を増やしましょう。

本HPでは、ダイレクトリクルーティング運用に役立つ記事を沢山紹介しているので、他の記事も参考にしていただけると幸いです。

(参考)
【成功率を高めるスカウト運用】スムーズな日程調整①/イベント参加への心理的ハードルを下げる
ダイレクトリクルーティングの運用担当に求められる3つの資質

また、Matcher Scoutでは、独自のA/Bテストシステムによって、弊社担当者がより効果的な文言や画像を見つけ出し、御社が本当に会いたい学生に会える確率を向上させることができる機能があります。

興味がございましたら、お問い合わせフォームより、ご連絡いただけますと幸いです。

Phone Number 03-5544-9075

受付時間(平日10:30~19:00)

|
お問い合わせ
メールでお問い合わせ

電話でお問い合わせ

受付時間(平日10:30~19:00)