【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウト本文③/マッチする学生タイプを記載する

ダイレクトリクルーティングとは

近年、新しい採用手法として注目されているダイレクトリクルーティング。従来の新卒採用でスタンダードとされてきた、ナビサイトに広告を掲載して応募を待つ形と違い、自社の採用要件にマッチした人材にアプローチができます。

「質の良い学生にのみ会って、選考の歩留まりを改善したい」といった理由から、導入を決めた企業もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、学生のプロフィールを読み、それぞれの学生に対してスカウトを送るため、非常に手間がかかることも事実です。ゆえに、学生からの興味を引き出すような文言のスカウトを送らないと、結果的に「手間をかけたのに成果が出なかった」という結果になりかねません。

つまり、スカウトの文言次第で、母集団形成やその後選考率、内定率にも大きく影響していきます。

ここでは、ダイレクトリクルーティング運用の成否を直結する「スカウトの承諾率」について、改善するための具体的な方法を紹介していきます。

(参考)
【新卒】ダイレクトリクルーティングとは何か?
ダイレクトリクルーティングのメリットとデメリットを理解しよう
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウト本文①/評価したポイント・理由を述べる
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウト本文②/相手の名前を明記して特別感を持たせる
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウト本文④/イベントに参加するメリットを記載する
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウト本文⑤/他ページへの移行を促す
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウト本文⑥/最初に会社説明をして興味を惹く
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウト本文⑦/見出しや目次をつけ、あらかじめ内容を明示する

ダイレクトリクルーティングにおける、スカウト本文の重要さ

ほとんどのスカウトサービスでは、学生がスカウトを開封すると、採用担当者からのメッセージや企業情報が記載された「スカウト本文」が表示されます。

この「スカウト本文」は、簡潔に魅力を伝える「スカウトタイトル」と違い、文章で自社の魅力をたっぷりアピールできるパートです。効果的な文言を用いて学生の興味を惹くことができれば、自ずと日程調整率が上がるでしょう。

逆に、せっかく魅力的なスカウトタイトルを作成してもスカウト本文が充実していなければ、離脱率が高まり、イベントの集客が上手くいかなくなってしまいます。

スカウトタイトルと同様に、本文のパターンを複数用意し、どの文言が効果的なのかを分析しながら運用していくと良いでしょう。

尚、スカウトのタイトルと本文の情報には、一貫性を持たせなければいけません。イベント内容や会社情報に差異があると、学生の混乱を招き、興味関心が薄れてしまう危険性があります。

次項からはより具体的に、魅力的なスカウト本文を作るコツを実際の例を用いて説明していきます。

ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法:自社にマッチする学生タイプを記載する

スカウトサービスを利用している学生は、オファーを開封すると「自分はそのイベントに参加するべきか」を文面で判断することになります。

しかし、必ずしも自社に興味を持っているわけではない学生に、「このイベントは自分にとって有益だ」と思ってもらうのは簡単ではありません。

今回紹介する手法「マッチする学生タイプを記載する」は、そういった学生に対してイベント参加のハードルを下げ、スカウト承諾を促すのに効果的です。

具体的には、「○○業界に興味がある方は是非!」や「○○な仕事をしたい方は必見です!」などと明示することで、その人物像に当てはまる学生のイベント参加を促進する方法です。

ダイレクトリクルーティングでは、自社の採用要件にマッチしやすい学生にアプローチできるので、スカウトを開封する学生は、記載する人物像にマッチしている可能性が高くなります。

よって、「○○業界に興味があるから、話を聞いてみよう」「○○な仕事は確かに魅力的なので参加してみよう」など、自分の思考に照らし合わせて考えるきっかけを与えることで承諾率を向上させています。

また、記載内容によって、スクリーニングの効果を持たせることも可能です。

例えば、少人数に絞って学生に会いたい場合「将来○○業界で起業したい方」「圧倒的な成長をするために努力できる覚悟のある方」など、強めの内容を記載します。それらに合致しない学生のイベント参加を避けることで、参加者の思考性のマッチング度を高めることに繋がります。

ただし、極端な内容だと思うように日程調整に繋がらない恐れもあるため、注意が必要です。

次項からはより具体的に、魅力的なスカウト本文を作るコツを実際の例を用いて説明していきます。

実際のスカウト本文例とその効果

以下では、今回の方法を使用した例を紹介いたします。
※スカウト文章のうち、変更した箇所を抜粋しております。

contents_check

自社の概要やメッセージを説明するだけでなく、イベントに参加して欲しい学生タイプを記載することで、スカウトを読んだ学生の参加意欲を高め、スカウト承諾率が大幅に改善した事例です。

自社で実現できる働き方について複数言及し、幅広い層の学生の集客に成功しました。

contents_intentionality

「こんな学生と会いたいです」と表記し、その例を箇条書きしています。スカウトを受け取った学生に求める人物像の理解を促した事例です。元々、上記の志向性を持った学生にスカウトを送っているため、学生からの反応も良く、母集団形成に繋がりました。

さいごに

いかがだったでしょうか。

スカウト本文は、自社の魅力をアピールし、オファー承諾に繋げるための最大のチャンスであり、少し文言を工夫するだけでも大きな変化が見られます。

今回紹介したコツ「自社にマッチする学生タイプを記載する」を活用して、スカウト承諾率を改善することができれば、求める人物像に合致する学生に接触できる可能性が高まるでしょう。

是非、本記事だけでなく当HPの他のコツも参考にして、効果的なスカウト文言を探して頂ければと思います。

(参考)
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウト本文①/評価したポイント・理由を述べる
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウト本文②/相手の名前を明記して特別感を持たせる
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウト本文④/イベントに参加するメリットを記載する
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウト本文⑤/他ページへの移行を促す
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウト本文⑥/最初に会社説明をして興味を惹く
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウト本文⑦/見出しや目次をつけ、あらかじめ内容を明示する

また、Matcher Scoutでは独自のA/Bテストシステムを用い、弊社担当者がより効果的なスカウト運用の方法をアドバイスしながら、貴社が会いたい学生に会える確率を向上していきます。

興味がございましたら、お問い合わせフォームより、ご連絡いただけますと幸いです。

Phone Number 03-5544-9075

受付時間(平日10:30~19:00)

|
お問い合わせ
メールでお問い合わせ

電話でお問い合わせ

受付時間(平日10:30~19:00)