【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル④/特別感を出して志望度を高める

ダイレクトリクルーティングとは

求める人物像に当てはまる学生に、自社からアプローチすることができるダイレクトリクルーティング。広告掲載をして学生からの応募を待つサービスと異なり、会いたい学生に会える確率が高いため、導入する企業が増加してきています。

求める採用要件を確りと定義し、それに近しい学生にスカウトを送ることで、従来よりも会う人数を抑えて効率的な採用活動が実現できます。

一方で、ダイレクトリクルーティングは手間がかかるのも特徴です。学生のプロフィールを読んで候補者を選定する、一人一人に合ったスカウトを送り自社への興味関心を高めるなど、ナビ媒体と比較し工数がかかります。

よって、せっかく時間をかけてスカウトを送信しても、興味を持ってもらえるように魅力を伝えられなければ、面談や説明会への集客に繋がりません。

ここでは、ダイレクトリクルーティングの成功率を高めるための「スカウト開封率」を改善する方法を紹介していきます。

(スカウトサービスによって、スカウトタイトルの有無が異なります。スカウトタイトルが無いサービスでは、スカウト本文の冒頭に記載するキャッチフレーズをどう魅力的にしていくか、といった視点でご参照ください)

(参考)
【新卒】ダイレクトリクルーティングとは何か?
ダイレクトリクルーティングのメリットとデメリットを理解しよう
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル①/客観的事実を訴求する
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル②/担当者名を明記して本気度を伝える
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル③/採用要件に合致していることを伝える
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑤/ターゲット層に合わせた訴求をする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑥/人物や経歴への興味をアピールする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑦/会社の概要を具体的に提示する
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑧/仕事から得られる能力やスキルをアピールする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑨/自社の特徴を端的に表現し、印象を強める

ダイレクトリクルーティング運用における、スカウトタイトルの重要さ

まずはスカウトの入り口となるスカウトタイトルを充実させ、学生に興味を持ってもらうことから始めていきましょう。スカウトの本文や企業情報ページで自社の魅力を伝え、面談や説明会へ集客してくためにも、スカウトタイトルの改善は重要です。

スカウトタイトルを複数パターン用意し、どのスカウトタイトルが開封に繋がるのかを常にテストしていくのが成功の近道です。

また、時期によって開催するイベントも異なるので、インターンや説明会、個別面談、選考など開催するイベントに合わせてタイトルを変えていきましょう。

とはいえ、内容を盛り込みすぎても情報量が多くなりすぎて逆に魅力が伝わりづらくなるため、簡潔にすることも忘れずに。60文字以内を目安に作成してみましょう。

(参考)
返信率をグッと高めるスカウトメールの書き方

また次項からはより具体的に、魅力的なスカウトタイトルを作るコツを実際の例を用いて説明していきます。

ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法:特別感を出して志望度を高める

スカウトの開封率を改善する施策の1つに、「特別感を出して志望度を高めること」があります。

求める人物像に近しい学生なのであれば、早く自社の選考に参加して欲しいというのが採用担当者の本心でしょう。実際に、すぐに選考にきて欲しいと思える学生に対して特別選考を行っている企業もあるかと思います。

その場合、「特別選考」や「選考直結」といった文言を付け加えて特別感を醸成し、自社に対する志望度を高めることで、日程予約率を高めることができるでしょう。

当然ですが、「特別選考」や「選考直結」といった文言は、そのような選考ルートを持つ場合のみで利用するものです。そのようなルートを持たずして文言のみを使用するのはいたずらに期待感を高めるだけなので避けましょう。

本当に選考に来て欲しいからこそ使う文言であり、だからこそ興味を持ってもらえるスカウトになります。

実際のスカウトタイトル例とその効果

以下では、今回の方法を使用した例を紹介いたします。

contents_special (1)

通常の応募とは異なる形で座談会を開催することを決定したため、【特別招待】という文言を付け加えてスカウトしたケースです。これによってスカウト開封率が改善し、会いたい学生に会える確率がアップしました。

Beforeでも座談会に招待していますが、括弧書きで先頭にもってくることで、より分かり易い表現になりました。

contents_direct

こちらは選考に直結するイベントを開催しているパターンです。採用担当者の名前を名乗ることで、本当に選考に来て欲しいと本気度を伝えています。実際に、企業の熱意を感じ取ってくれたことで、スカウト開封率が上昇しました。

さいごに

いかがだったでしょうか。

冒頭で述べた通り、スカウトタイトルの文言は、ダイレクトリクルーティングの運用の成否に直結する、重要な指標となります。

今回紹介したコツ「特別感を出して志望度を高めること」を用いて、スカウト送信の歩留まりを改善することができれば、会いたかった層の学生の集客成功に繋がるかもしれません。

是非、本記事だけでなく、当HPの他のコツも参考にして、効果的なスカウトタイトルを設定して頂ければと思います。

(参考)
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル①/客観的事実を訴求する
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル②/担当者名を明記して本気度を伝える
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル③/採用要件に合致していることを伝える
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑤/ターゲット層に合わせた訴求をする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑥/人物や経歴への興味をアピールする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑦/会社の概要を具体的に提示する
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑧/仕事から得られる能力やスキルをアピールする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑨/自社の特徴を端的に表現し、印象を強める

また、Matcher Scoutでは、独自のA/Bテストシステムによって、弊社担当者がより効果的な文言や画像を見つけ出し、御社が本当に会いたい学生に会える確率を向上させることができる機能があります。

興味がございましたら、お問い合わせフォームより、ご連絡いただけますと幸いです。

Phone Number 03-5544-9075

受付時間(平日10:30~19:00)

|
お問い合わせ
メールでお問い合わせ

電話でお問い合わせ

受付時間(平日10:30~19:00)