【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑦/会社の概要を具体的に提示する

ダイレクトリクルーティングとは

求める人物像に当てはまる学生に、自社からアプローチすることができるダイレクトリクルーティング。広告掲載をして学生からの応募を待つサービスと異なり、会いたい学生に会える確率が高いため、導入する企業が増加してきています。

ダイレクトリクルーティングでは、所属大学や年齢、学生時代に頑張ったことなどが記載されているデータベースから、自社にマッチする学生を検索し、スカウトメールを送ってイベントに集客します。

求める採用要件を確りと定義し、それに近しい学生にスカウトを送ることで、従来よりも会う人数を抑えて効率的な採用活動が実現できます。

一方で、ダイレクトリクルーティングは手間がかかるのも特徴です。学生のプロフィールを読んで候補者を選定する、一人一人に合ったスカウトを送り自社への興味関心を高めるなど、ナビ媒体と比較し工数がかかります。

よって、せっかく時間をかけてスカウトを送信しても、興味を持ってもらえるように魅力を伝えられなければ、面談や説明会への集客に繋がりません。

ここでは、ダイレクトリクルーティングの成功率を高めるための「スカウト開封率」を改善する方法を紹介していきます。

(スカウトサービスによって、スカウトタイトルの有無が異なります。スカウトタイトルが無いサービスでは、スカウト本文の冒頭に記載するキャッチフレーズをどう魅力的にしていくか、といった視点でご参照ください)

(参考)
【新卒】「ダイレクトリクルーティング」とは何か?
ダイレクトリクルーティングのメリットとデメリットを理解しよう
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル①/客観的事実を訴求する
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル②/担当者名を明記して本気度を伝える
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル③/採用要件に合致していることを伝える
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル④/特別感を出して志望度を高める
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑤/ターゲット層に合わせた訴求をする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑥/人物や経歴への興味をアピールする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑧/仕事から得られる能力やスキルをアピールする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑨/自社の特徴を端的に表現し、印象を強める

ダイレクトリクルーティング運用における、スカウトタイトルの重要さ

学生がスカウトを受け取ると、まずは最初に「スカウトタイトル」を読むことになります。スカウトの入り口となるスカウトタイトルを充実させ、学生に興味を持ってもらうことから始めていきましょう。

スカウトの本文や企業情報ページで自社の魅力を伝え、面談や説明会へ集客してくためにも、スカウトタイトルの改善は重要です。スカウトタイトルを複数パターン用意し、どのスカウトタイトルが開封に繋がるのかを常にテストしていくのが成功の近道です。

また、時期によって開催するイベントも異なるので、インターンや説明会、個別面談、選考など開催するイベントに合わせてタイトルを変えていきましょう。どのような文言が効果的なのかは実際に運用してみないとわからないため、どのスカウトが高い開封率を記録するのかを常にテストし続けると良いでしょう。  

また、スカウトタイトルは簡潔である必要があるため、60文字以内を目安に作成しましょう。 (参考) 返信率をグッと高めるスカウトメールの書き方 次項では、スカウト開封率を改善するための具体的な施策を紹介します。

ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法:会社の概要を具体的に提示する

どのような企業からスカウトが送られてきたのかということが、学生がスカウトを受け取った際にまず気になるポイントでしょう。

相手と知り合うときにはまず自己紹介から始めるように、スカウトタイトルにも「何の会社なのか」について記載するとよいです。

上に記載したように、スカウトタイトルでは60文字を目安に簡潔に説明をしなければいけないため、情報の取捨選択について悩むこともあると思います。

・業界や職種
・会社の規模感
・会社の雰囲気
・会社の特徴
などから端的に自社の魅力をアピールできる部分を抜粋してみるとよいでしょう。 次項では、スカウト開封率を改善するための具体的な施策を紹介します。業種や対象学生の属性によって効果が異なる場合もありますが、参考にしていただけると幸いです。

実際のスカウトタイトル例とその効果

以下では、今回のコツを使った事例とその効果を紹介します。

title7_1_アートボード 1

Beforeでは多くのが学生さんに興味を持ってもらえるように、「安全」「安心」という文言で事業内容を表現しスカウトを送信していました。一方でAfterでは、事業内容を具体的にすることでスカウトが改善しています。

自社の業界や職種に興味がありそうな学生にスカウトを送信する場合は、このように事業内容をクリアにしてスカウトを届けることが有効です。

title7_2_アートボード 1

こちらのAfterでは、「急成長中」であることと「IT×人材」領域のベンチャーであることを記載しています。
「オンライン就活対策を教える」というイベント内容よりも、自社の特徴や事業内容の方に興味を持つ学生が多いことがわかります。

そのためスカウトタイトルでは自社がどのような会社なのかをアピールし、スカウト本文などでイベントについてもアピールできるとよいでしょう。

title7_3_アートボード 1

Beforeでは文末に記載されていた「成長率160%のITベンチャー」という文言を、文頭に持ってくることによって承諾率が向上した例となっております。

「活躍の場を提供」などの学生にとってのメリットをアピールすることもよいですが、「どこで」活躍できるのかも重要なポイントになっているようです。
まずは企業概要を説明することで、自社のアピールポイントがより強調されるようにしましょう。

さいごに

いかがだったでしょうか。

今回紹介したコツ「会社の概要を具体的に提示する」のように、ダイレクトリクルーティングでは少しの工夫で開封率を大きく改善することが可能です。

効果的な文言を見定めることができれば、スカウトの開封率・承諾率だけでなく、採用活動全体の効率に好影響が及ぶ可能性がありますので、是非試してみてください。

また、当HPの他の記事でも、魅力的なスカウトを設定するコツを紹介しているので、ご参照ください。

(参考)
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル①/客観的事実を訴求する
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル②/担当者名を明記して本気度を伝える
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル③/採用要件に合致していることを伝える
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル④/特別感を出して志望度を高める
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑤/ターゲット層に合わせた訴求をする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑥/人物や経歴への興味をアピールする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑧/仕事から得られる能力やスキルをアピールする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑨/自社の特徴を端的に表現し、印象を強める

また、Matcher Scoutでは、独自のA/Bテストシステムによって、弊社担当者がより効果的な文言や画像を見つけ出し、御社が本当に会いたい学生に会える確率を向上させることができる機能があります。

興味がございましたら、お問い合わせフォームより、ご連絡いただけますと幸いです。

Phone Number 03-5544-9075

受付時間(平日10:30~19:00)

|
お問い合わせ
メールでお問い合わせ

電話でお問い合わせ

受付時間(平日10:30~19:00)