【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】企業ページ①/実際に働いている社員の写真を使う

ダイレクトリクルーティングとは

求める人物像にマッチする学生に企業側からアプローチすることができるダイレクトリクルーティング。従来の採用手法のスタンダードとされていた、就活ナビに求人広告を掲載して応募を待つ「守りの採用」と比較して、ダイレクトリクルーティングは「攻めの採用」とされています。

「業界自体の人気が低く、母集団形成が思い通りにできない」「自社の採用要件に合う学生のみに会って、採用活動全体の効率を高めたい」といった課題の解決に繋がるツールとして、導入を決めた企業もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、注意すべきなのは、スカウト対象の学生が御社に興味を持っているとは限らないという点です。

学生の興味を惹くような魅力的なスカウトを送らないと、ターゲットとしていた層の学生からの応募が増えず、「かなり工数を割いたが、成果が出なかった」という結果になりかねません。

つまり、スカウトの文言や企業ページの見せ方次第で、スカウトの承諾率が大きく変化し、母集団形成やその後の選考率・内定率にも大きく影響していきます。

ここでは、学生の興味を惹くのに最も重要な「企業ページ」について、改善する具体的な方法を紹介していきます。

(企業ページを設定できないスカウトサービスもありますが、その場合は「スカウト本文内の企業情報の見せ方」として、参考にして頂ければ幸いです。)

(参考)
【新卒】「ダイレクトリクルーティング」とは何か?
ダイレクトリクルーティングのメリットとデメリットを理解しよう
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル①/客観的事実を訴求する
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル②/担当者名を明記して本気度を伝える
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウト本文①/評価したポイント・理由を述べる
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウト本文②/相手の名前を明記して特別感を持たせる

ダイレクトリクルーティングにおける、企業ページの重要さ

以前までの記事では、効果的なスカウト本文の作り方を提案しました。

しかし、スカウトの承諾率を改善するためには、企業ページの最適化も必要になります。

スカウトを受け取った学生は、スカウト本文で採用担当者からのメッセージを読み、企業ページで事業内容や理念、社風を確認した上で、スカウト承諾をすべきか否かを判断することになります。

単に自社の情報を提示すれば良いと考えられがちですが、その情報提示の仕方を工夫するだけで、承諾率を改善できる可能性があります。

勿論、虚偽の情報を掲載することはNGですが、自社の強みを効果的な文言で伝えることができれば、イベントへの集客量が大幅にアップし、採用活動全体の効率を改善することができます。

さらに、スカウトサービスで効果が確認された手法は、ナビ媒体の求人広告ページなどにも流用することで、より効率的な母集団形成を実現できるでしょう。

次項からはより具体的に、魅力的なスカウト本文を作るコツを実際の例を用いて説明していきます。

ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法:実際に働いている社員の写真を掲載する

ほとんどのスカウトサービスは、テキストで自社の魅力を訴求するだけでなく、画像を挿入するスペースがあります。

画像は瞬間的に情報を伝えられ、伝えたい内容に合わせた画像データを挿入することで、より読み易いスカウトを作成することができます。

しかし、どんな画像でも効果があるというわけではありません。

Matcher Scoutでは、企業ページのアイキャッチや事業内容を紹介する項目で画像を差し込むことができますが、オフィスエントランスの写真や理念を訴求する画像を掲載するよりも、「実際の社員の写真を載せる」方が、スカウト承諾率が高くなる場合があります。

例えば、事業内容を訴求している文章の近くには、実際にその仕事をしている社員の写真を載せれば、訴求内容がより学生に伝わりやすくなりますし、単なるオフィスエントランスの写真を載せるよりも、社員の集合写真のような形で見せるだけで、より明るく爽やかな印象を持ってもらえる可能性が高くなるでしょう。

また、社風の表現手段の一つとしても効果的だと言えます。

単にテキストで「風通しの良い企業です」などと伝えるのではなく、社員が笑顔で談笑している様子や、真剣な顔で会議をしている様子を通じて、自社の社風を効果的に訴求することができます。

実際のスカウトタイトル例とその効果

以下では、実際に今回の手法を用いて承諾率を改善した例をご紹介いたします。
(なお、実際に使われた写真と類似したものを掲載しています。)

kigyou_1_1

情報量の少なかったオフィスビルの写真から、社員が笑顔で働いている写真に変更することで、スカウト承諾率が改善しました。「この会社ではどんな働き方ができるのか」を表現することができたため、この会社に対してポジティブな印象を抱き、興味を持ってくれる学生が多かったのでしょう。

kigyou_1_2

事業内容や経営理念を表現した画像や、単なる企業ロゴ画像を利用している企業様もいらっしゃるのではないでしょうか。それらの情報は、よっぽど複雑なものでない限り、テキストで十分に伝えられるでしょう。

実際に働いている社員の様子、社内の雰囲気を伝えることができれば、この事例のように承諾率を改善できる可能性があります。

さいごに

いかがだったでしょうか。

適切な画像を適切な部分に挿入し、自社の魅力を効果的に表現することができれば、スカウトの承諾率が改善され、ターゲット層のイベント参加率アップに繋がるでしょう。

特に、社員が写っている画像は、社内の雰囲気を伝える上で非常に有効です。

本HPでは、ダイレクトリクルーティング運用に役立つ記事を沢山紹介しているので、他の記事も参考にしていただけると幸いです。

また、Matcher Scoutでは、独自のA/Bシステムを使用した仮説検証を繰り返し、御社が本当に会いたい学生にアプローチできるようサポートしております。

興味がございましたら、お問い合わせフォームより、ご連絡いただけますと幸いです。

Phone Number 03-5544-9075

受付時間(平日10:30~19:00)

|
お問い合わせ
メールでお問い合わせ

電話でお問い合わせ

受付時間(平日10:30~19:00)