【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル②/担当者名を明記して本気度を伝える

ダイレクトリクルーティングとは

求める人物像にマッチする学生に、主体的にアプローチをする採用手法「ダイレクトリクルーティング」。ナビ媒体で求人広告を掲載するだけでは会えなかった優秀な学生に接触できるツールとして、近年注目を集めています。

運用方法も様々です。幅広い学生に会ってイベントに大量集客するも良し、スカウト送信の時点で検索条件を絞り、本当に会いたい学生だけに会うも良し。

主体的な運用を行うことで、母集団の量と質をコントロールすることができます。

しかし、効果的な文言を用いたスカウトを送らないと、会いたかった学生からの興味を惹くことができず、結果的に「かなりの工数を割いたが、成果が出なかった」という状況になりかねません。

つまり、スカウトの文言次第で、受け取った学生の心理は大きく変わり、母集団形成やその後歩留まりに影響していきます。

ここでは、ダイレクトリクルーティング運用のカギとなる「スカウトの開封率」を改善するための具体的な方法を紹介していきます。

(スカウトサービスによって、スカウトタイトルの有無が異なります。スカウトタイトルが無いサービスでは、スカウト本文の冒頭に記載するキャッチフレーズをどう魅力的にしていくか、といった視点でご参照ください)

(参考)
【新卒】ダイレクトリクルーティングとは何か?
ダイレクトリクルーティングのメリットとデメリットを理解しよう
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル①/客観的事実を訴求する
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル③/採用要件に合致していることを伝える
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル④/特別感を出して志望度を高める
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑤/ターゲット層に合わせた訴求をする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑥/人物や経歴への興味をアピールする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑦/会社の概要を具体的に提示する
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑧/仕事から得られる能力やスキルをアピールする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑨/自社の特徴を端的に表現し、印象を強める

ダイレクトリクルーティング運用における、スカウトタイトルの重要さ

当たり前のことですが、スカウト本文や企業情報ページがどれだけ魅力的だったとしても、スカウトを開封してもらわないと、マッチングには繋がりません。よってスカウトタイトルは、スカウトにおける最も重要な項目とも言えます。

狙っている学生の志向性やスカウト送信の時期などに合わせて、効果的な文言を選択し、スカウト開封・承諾へと導く必要があります。

スカウトタイトルは簡潔であることが鉄則です。自社の魅力を全て込め、長く読みづらいものになると、スカウトタイトルすら読んでもらえないという事態になりかねません。60文字以内を目安に、作成してみると良いでしょう。

(参考)
返信率をグッと高めるスカウトメールの書き方

また次項からはより具体的に、魅力的なスカウトタイトルを作るコツを実際の例を用いて説明していきます。

ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法:採用担当者の名前・所属を明記すること

スカウト開封率を改善するための効果的な施策の1つに、「担当者の名前をを明記し、本気度を伝えること」があります。

採用担当者の名前を記すことで、スカウトを受け取った学生の心理は変化するでしょう。

その理由の一つが、より「評価されている」と感じることです。

担当者の名前を表記したスカウトでは、当然「誰に評価されているか」が明確になります。

つまり学生にとって、「○○さんが自分のプロフィールを読み、良いと判断し、スカウトを送ったんだな」という一連の流れが想像できるようになり、「評価」の具体性が増すのです。

「□□株式会社に評価されている」と感じるのと「□□株式会社の○○さんから評価されている」と感じるのでは、その後のスカウト開封・承諾への移行率に差が出る可能性があります。

もしスカウトを送っている担当者が、「採用責任者」や「役員」などの場合は、担当者の所属を記載することで、さらに効果がUPするかもしれません。重役に評価されているとなると、学生もスカウトの本気度を感じるため、開封率の改善に繋がるでしょう。

また他にも、単純に親近感を感じること、情報を提示してくれるフェアさを感じること、今後コミュニケーションを取る相手の名前が分かることなど、学生側の感じ方には多くの変化があります。

実際のスカウトタイトル例とその効果

以下では、今回の方法を使用した例を紹介いたします。

担当者名1_アートボード 1

スカウトを送った担当者の名前を明記し、プロフィールを拝見したことを示す方法です。変更前のタイトルは少し淡白に感じますが、名前とプロフィールを見たことを記載することで「学生に興味を持った」「魅力を伝えたい」という本気さが感じられる内容となります。

担当者名2_アートボード 1

担当者の名前だけでなく、「採用責任者」という役職も記載する例です。責任者から評価されていることを感じ取れる内容だったために、数値が改善されました。「特別選考ルートにご案内します!」など、その後に続く文章で本気度をさらに伝えることで、更なる効果が期待できるでしょう。

さいごに

いかがだったでしょうか。

冒頭で述べた通り、スカウト開封率は、ダイレクトリクルーティング運用の成否を決定づける、重要な指標の1つです。

今回紹介したコツ「担当者の名前を明記して、本気度を伝える」を用いて、開封率を改善することができれば、自ずと優秀な学生が集まり、採用効率が上がるでしょう。

是非、本記事だけでなく、当HPの他のコツも参考にして、効果的なスカウト文言を設定して頂ければと思います。

(参考)
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル①/客観的事実を訴求する
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル③/採用要件に合致していることを伝える
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル④/特別感を出して志望度を高める
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑤/ターゲット層に合わせた訴求をする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑥/人物や経歴への興味をアピールする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑦/会社の概要を具体的に提示する
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑧/仕事から得られる能力やスキルをアピールする
【ダイレクトリクルーティングの効果を高める方法】スカウトタイトル⑨/自社の特徴を端的に表現し、印象を強める

また、Matcher Scoutでは、独自のA/Bテストシステムによって、弊社担当者がより効果的な文言や画像を見つけ出し、御社が本当に会いたい学生に会える確率を向上させることができる機能があります。

興味がございましたら、お問い合わせフォームより、ご連絡いただけますと幸いです。

Phone Number 03-5544-9075

受付時間(平日10:30~19:00)

|
お問い合わせ
メールでお問い合わせ

電話でお問い合わせ

受付時間(平日10:30~19:00)