【例文あり】返信が来るスカウトメールのタイトルを徹底解説
2022/09/13

「スカウトメールの効果的な書き方がわからない」といったお悩みはございませんか?

Matcher Scoutでは、5000回以上のA/Bテストからノウハウを蓄積し、会いたい学生に会える確率を高めながら採用をご支援しています。

自社での成功事例と合わせて、スカウトメールの成功率が上がる、”今すぐ使える”例文をご紹介します。

ダイレクトリクルーティングスタートガイドの資料ダウンロード

スカウトメールが注目される背景

なぜ今スカウトメールがここまで注目されているのでしょうか。

なぜ今スカウトメールが注目されているのか?

スカウトメールが注目されている理由としては、次の2つが考えられます。

  1. 有効求人倍率が上がったことにより、以前より採用が難しくなった
  2. コロナ禍の不況によって、即戦力を求める企業が増えた

こうした背景から中途採用においてスカウトメールが注目されました。

そして、その効果の高さから新卒採用でも多くの企業に使われるようになりました。

特に求職者からの知名度があまり高くない企業では、母集団形成が課題になりがちです。

そこで「候補者に直接アプローチできる」スカウトメールを利用することで、自社の知名度に関わらず、自社の求める人材で母集団を形成することができます。

さらに、スカウトメールは自社にマッチする可能性の高い人材にだけ送ることができるため、ミスマッチを防ぐこともできます。

【参考】【すぐできる】新卒採用のミスマッチが起こる原因と8つの対策を紹介

そもそもスカウトメールって何?

企業が求職者にメッセージを送るなどしてアプローチする手法が「スカウトメール」です。

求人を掲載して求職者からの応募を待つのではなく、企業が求職者に直接アプローチする点がこれまでの採用手法と異なる点です。

従来の「待ち」の採用と比較して、「攻め」の採用とも呼ばれています。

これだけは知っておきたい、スカウトメールを送る際の前提

スカウトメールは自社に興味がない学生にも送信するため、「求職者の企業理解は浅く、自社志望度も低い状態」から始まります。

まずは自社に興味を持ってもらう必要があるため、一般的な採用フローと比較して採用までにかかる期間が長引く可能性があります。

また、スカウトメールからいきなり選考に進むのは学生にとってかなりハードルが高く、企業とのミスマッチも起こりやすくなります。

そのため、一度カジュアル面談や企業説明会を挟むなどして、情報を補う場をつくることが大切です。

ダイレクトリクルーティングとスカウトメールの違いは?

ダイレクトリクルーティングとスカウトメールはよく混同されがちですが、実は少し意味が異なります。

ダイレクトリクルーティングとは、企業が求職者に直接アプローチする手法全般を指します。

広義では、SNS採用やリファラル採用、イベントリクルーティングなどもダイレクトリクルーティングの一環です。

スカウトメールは、ダイレクトリクルーティングのさまざまなチャネルの中の1種ということになります。

求職者に自社への興味を持ってもらうきっかけとして、スカウトメールを送るという手法が主流です。

【参考】ダイレクトリクルーティングとは?特徴や他サービスとの違いを紹介

ダイレクトリクルーティング運用における、スカウトタイトルの重要さ

学生がスカウトを受け取ると、まずは最初に「スカウトタイトル」を読むことになります。

スカウトの入り口となるスカウトタイトルを充実させ、学生に興味を持ってもらうことから始めていきましょう。

スカウトタイトルは簡潔であることが鉄則です。自社の魅力を全て込め、長く読みづらいものになると、スカウトタイトルすら読んでもらえないという事態になりかねません。

60文字以内を目安に、作成してみると良いでしょう。

【参考】スカウトメールの返信率をグッと高める8つの方法を紹介!

やってしまいがちなスカウトタイトルの悪い例と効果的な例

ここでは、スカウトタイトルの悪い例と効果的な例をご紹介します。

以下の①から⑤の文章は、スカウトタイトルとしてあまり効果的とはいえない例です。

悪いスカウトタイトルの例を示した画像

悪い例の特徴

【目を惹くような特徴がない】

「新卒社員の教育に力を入れています」「非常に風通しの良い企業です」などと、抽象的な表現をしていませんか?

せっかく自社ならではの魅力があったとしても相手に伝えきれず、または似たタイトルを用いた他社との差別化ができず、興味をもってもらう可能性が低くなってしまいます。

【親近感がない】

機械的なメッセージを貰っても、あまり嬉しく感じませんよね。

特にダイレクトリクルーティングでは、自社のことをまだ知らない学生に対してアプローチすることが多いため、簡素なメッセージではなかなか魅力が伝わりにくいです。

【開封するメリットが記載されていない】

働く環境(自社の業界や、募集職種、事業内容など)を訴求している担当者様も多いのではないでしょうか。

しかし、そういった一次情報だけではナビ媒体やイベントで伝える情報とあまり変わらず、ダイレクトリクルーティングの強みを生かし辛いです。

【特別感がない】

ダイレクトリクルーティングでは、学生のプロフィールを確認し、自社とマッチする可能性の高い方に絞ってスカウトを送っているはずです。

もし限定的なスカウト送信を行っているのであれば、そのことをアピールしないともったいないでしょう。

【訴求ポイントがターゲット層にマッチしていない】

自社へ応募する学生の特徴として、「役職よりも自分の市場価値を高めたい」という思考を持った学生が多いのであれば、役職に関する訴求をタイトルで行っても効果は望めません。

どういった学生にアプローチしたいのかによって、スカウトタイトルでの訴求ポイントも変える必要があります。

Matcher Scoutでは、160社以上の企業のダイレクトリクルーティングをサポートし、5000回以上のABテストを行ってきました。

今回はそのノウハウを生かしながら、スカウト開封率が改善したタイトルの例をご紹介していきます。

スカウト運用のご参考になれば幸いです。

自社のスカウトに応用し、オリジナルの文章との効果の違いを確認しながら改善していってください。

効果的な例①:客観的事実を訴求する

客観的事実訴求の例

ポイント

他者からの客観的な評価を記載することで、自社の強みをより説得力のあるものにできます。

同じ訴求ポイントでも、客観的なデータで裏付けた方がグッと魅力が高まるでしょう。

数字などのデータに基づいた訴求によって、学生の興味を惹きつけ、さらにスカウトサービスを運用する上で重要な「他の企業との差別化」を図りましょう。

実例

受賞歴の魅力訴求をした実例

同様の改善例と解説は、以下の記事をご覧ください。

【参考】2,500回のABテストで分かった、開封率の高いスカウトタイトルとは?

効果的な例②:担当者名を明記して本気度を伝える

担当者名を明記し、本気度を伝えた例

ポイント

担当者名を記載することによって、

「○○さんが自分のプロフィールを読み、良いと判断し、スカウトを送ったんだな」

という一連の流れを学生が想像できるようになり、「評価」の具体性が増します。

単純に親近感を感じること、情報を提示してくれるフェアさを感じること、今後コミュニケーションを取る相手の名前が分かることなど、学生側の感じ方にポジティブな影響を与えるため、担当者名を記載することは効果的です。

実例

担当者名を明記した実例

同様の改善例と解説は、以下の記事をご覧ください。

【参考】会いたい気持ち、届いてますか?熱意を伝えるスカウトタイトル5つの例

効果的な例③:採用要件と合致していることを伝える

採用要件との合致を伝えた例

ポイント

既に求める人物像をクリアしているという情報を知ると、学生は当然喜びますし、その後の企業情報ページを読んで、自分がその会社で活躍する姿を想像できるようになります。

入社後の活躍がイメージできる、という意味合いにすることで、受け取った学生が興味を惹く文言になっています。

実例

求める人物像に適うことを訴求した実例

同様の改善例と解説は、以下の記事をご覧ください。

【参考】そのスカウト、魅力を伝えきれていますか?開封率が改善したスカウトタイトルを公開!

ダイレクトリクルーティングスタートガイドの資料ダウンロード

効果的な例④:特別感を出して志望度を高める

特別感を出した例

ポイント

「特別選考」や「選考直結」といった文言を付け加えて特別感を醸成し、自社に対する志望度を高めることで、日程予約率を高めることができるでしょう。

当然ですが、「特別選考」や「選考直結」といった文言は、そのような選考ルートを持つ場合のみで利用するものです。

そのようなルートを持たずして文言のみを使用するのはいたずらに期待感を高めるだけなので避けましょう。

実例

特別招待であると示した実例

同様の改善例と解説は、以下の記事をご覧ください。

【参考】2,500回のABテストで分かった、開封率の高いスカウトタイトルとは?

効果的な例⑤:ターゲット層に合わせた訴求をする

ターゲットに合わせた訴求例

ポイント

ダイレクトリクルーティングでスカウト対象となる母集団は、(ある程度)自社の採用要件をクリアする、一定の志向性を持った学生になります。

そのため、抽出条件に合わせてスカウトタイトルでの文言を設定することで、ダイレクトリクルーティングの特徴を最大限生かすことができます。

内定者や就活生へのアンケートなどで、どのような志向で志望しているのか・自社に魅力を感じた点は何かをヒアリングすることで、どのような文言が効果的かを調査することができるでしょう。

実例

評価環境があると訴求した実例

同様の改善例と解説は、以下の記事をご覧ください。

【参考】そのスカウト、魅力を伝えきれていますか?開封率が改善したスカウトタイトルを公開!

スカウトメールの種類

スカウトメールには大きく2つの種類があり、使用目的に応じて効果の高いスカウトメールは異なります。 自社にあったスカウトメールを選択しましょう。

一通ずつ送信するスカウトメール

採用担当者が、求職者1人1人にあてて送信するスカウトメールです。

ダイレクトリクルーティング

ダイレクトリクルーティングサービスの場合、スカウトを前提としたサービスのため、送信先の条件を詳細に設定することができます。

具体的には、年齢や居住地等の基本情報から最終ログイン日、特定キーワードでの絞り込みも可能です。

ダイレクトリクルーティングで送信するスカウトは非公開求人であることがほとんどのため、求人媒体と比較して「特別感」を演出することができます。

複数人に同時に送信するスカウトメール

採用担当者が複数人の求職者に同時に送信するスカウトメールです。

広告媒体

広告媒体内で経験・実績・学歴などでターゲットごとに配信状況を設定し、ターゲットごとに文面をカスタマイズして送信するサービスです。

ダイレクトリクルーティングと比較して1度に送信できるスカウトが多いため、より多くの求職者にアプローチできます。

メルマガ

配信条件は広告媒体と同様に設定することができますが、ターゲットごとの文面をカスタマイズすることは難しいです。

文面をカスタマイズしないため、広告媒体やダイレクトリクルーティングよりも多くの求職者に一度にアプローチできます。

一方で、メルマガは誰に送信しても違和感のない文章で作成されるため求職者は「特別感」を感じにくいというデメリットもあります。

スカウトメールとオファーメールの違いとは?

この記事では「スカウトメール」と表記していますが、同じ意味の言葉で「オファーメール」というものがあります。

この2つに明確に違いはなく、求人サイトやサービスによって「スカウトメール」を使う企業もあれば、「オファーメール」を使う企業もあります。

「本気度」が違うという見解もありますが、そこまで気にする必要はありません。

上記の見解ではスカウトメールの方が、候補者への本気度が高いと言われています。

使い分けたい場合は、候補者をある程度絞り込んでぜひ応募してもらいたいメールは「スカウトメール」がふさわしいでしょう。

広く認知してもらう目的が強いメールは「オファーメール」と表記するのが適切でしょう。

スカウトメールを活用すべきケース

スカウトメールは、どのようなタイミングで活用するのが効果的なのでしょうか。

スカウトメールを書く様子

採用基準が高く、母集団の形成が難しい場合

スカウトメールの活用で、採用基準に合う人材に絞って接触することができます。

自社の採用基準に合う人材を求人サイトで待つだけでは、採用効率が悪くなります。

例えば一定以上の語学力や資格を持つ人材や、特殊な技能を持つ人材の採用などは、スカウトメールとの相性が良いでしょう。

なるべく早く採用したい場合

  • 他の採用方法よりも、接触した学生が選考に進む割合が高くなりやすい
  • 書類選考や適性検査など、ある程度のマッチ度を確かめる選考を省略できる

上記の理由から、なるべく早く採用したい場合にスカウトメールはおすすめの採用方法だと言えます。

自社の認知度が低い場合

スカウトメールの目的の1つに、自社を知らない学生に接触することで広く認知してもらうことが挙げられます。

例えば中小、ベンチャー企業や首都圏以外の企業は、求人サイトでは他の企業に埋もれやすくなります。

自社の魅力を知ってもらう機会として活用する場合、特に目につきやすい、読みやすいスカウト文章を検討する必要があると言えるでしょう。

スカウトメールの工数にお悩みならMatcherがおすすめ

  • スカウト候補者の選定
  • スカウト文の作成、送信
  • 日程の調整

上記の工程を、弊社サービスのMatcher Scoutでは0円で承ります。

内定承諾時にはじめて70万円(1人あたり)の費用がかかるため、初期コストのリスクを抑えられる点が特徴です。

また、独自のA/Bテストシステムによって、弊社担当者がより効果的な文言や画像を見つけ出し、御社が本当に会いたい学生に会える確率を向上させることができる機能があります。

【参考】3分でわかるMatcher Scout

他社との比較や、他サービスの特徴を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

【参考】 【新卒20社比較】ダイレクトリクルーティングサービスを徹底解説!

ダイレクトリクルーティングスタートガイドの資料ダウンロード

さいごに

いかがだったでしょうか。

冒頭で述べた通り、スカウトタイトルの文言は、ダイレクトリクルーティングの運用の成否に直結する、重要な指標となります。

今回紹介したコツを用いて、スカウト送信の歩留まりを改善することができれば、会いたかった層の学生の集客成功に繋がるかもしれません。