ターゲットを絞りながらも、十分な母集団を確保。サービス利用開始から21卒、22卒で安定して内定承諾を獲得
株式会社プラン・ドゥ
課題

「自社にフィットする学生の集客」と「十分な学生数の確保」を両立したい

業務負荷を増やすことなく、上記を両立できるサービスを模索

効果

自社にフィットする学生に絞ってスカウトを送信し、目標集客数を確保

21卒採用からサービス利用開始。21卒、22卒で1名ずつの内定承諾を実現

「自社にフィットする学生の集客」と「十分な学生数の確保」の両立が課題だった

小川様インタビュー中の様子

会社について

当社は2003年に創業し、「不動産に関わる全ての人に幸せを。」を理念に不動産経営・不動産管理から収益不動産の売買等を行っている会社になります。

不動産経営・管理のみならず、リノベーションや保証をワンストップで提供することで、オーナー様・入居者様の両方のコミュニティを醸成しております。

2023年には社員100名・売上100億、2028年には東証一部上場を目指しています。そのために、「不動産のプロ」としての誇りとプライドを持って、真摯にお客様に向き合っていきます。

新卒採用の位置付け

代表の杉山は新卒採用を大事にしていて、弊社は10年以上前から新卒採用を行っています。

中途社員の方は、以前勤めていた企業で価値観が構築されてから転職をするため、即戦力として活躍してくれるメリットを持ちつつ、一方で弊社の目指す方向性に合わせるのには比較的時間を要すると考えています。

対して、新卒採用の場合は会社の理念に共感して入社し、弊社の理念に触れながら一人前に成長していくので、自社が大切にする価値観を共有しやすい傾向にあります。

また、新卒社員は、固定観念に捉われることなく、アグレッシブな挑戦が出来るのも一つの魅力です。それらが既存社員の刺激にもなっており、結果として、常に上を目指して成長しようとする会社全体の環境作りにも寄与していると考えています。

新卒採用における課題

自社にフィットする学生を集めることと、アプローチする学生数の確保、この2つを両立することが難しかったですね。

自社にフィットするという点では、人に任せっきりや頼りっきりになるのではなく、自ら物事を進めていける方かどうか、というポイントを大切にしています。

お客様の大切な資産をお預かりして管理をするのが弊社の主な事業です。よって、責任を持って考え行動できる人でないと、お客様の資産を毀損させてしまうことにも繋がります。

また、弊社の理念でもある「不動産に関わる全ての人に幸せを。」を体現するためにも、上記の要素をお持ちの方にお会いしたいと考えています。

一方で、目標人数を確保するには、十分な数の母集団形成が欠かせません。

自社にフィットする学生は集めたけれど、採用目標の達成に必要な人数には会えませんでした、とはならないよう、ナビサイトとスカウトサービスを両方利用しながら、母集団形成を図っていました。

22卒でMatcher Scoutを導入した理由

「自社にフィットする学生の集客」と「十分な学生数の確保」を両方とも担保してくれると考えたからです。

ナビサイトでは学生数を確保できるものの、「自社にフィットする学生の集客」には課題を感じていました。また、他のスカウトサービスでは自社にフィットする学生の集客はできるものの、「十分な学生数の確保」は今一歩、という印象だったんです。

実際、21卒新卒採用でもMatcher Scoutを利用させていただきましたが上記2つを両立しながら運用できたと感じています。

Matcher Scoutに登録している学生は、OB・OG訪問を通して自ら情報収集を行う主体的な学生が多い印象です。サービス登録者数自体も多く、21卒新卒採用では内定承諾にも繋がったので、安心して運用をお願いできると考えました。

運用負荷をかけずに、サービス利用開始から2年連続で内定承諾を確保

小川様インタビュー中の様子

実際にMatcher Scoutを利用して

Matcher Scoutでは専属の担当者がついてくれて、採用要件のすり合わせをした上で絞り込みながら運用代行してもらえるので、業務負担が発生せずスムーズに運用を行うことができました。

また、担当者のレスポンスも早く、運用に関する依頼をしてもすぐに対応してくれるので、スピード感を持って課題を解決しながら運用できましたね。

また、当初の目的でもあった「質」を担保した母集団の形成も実現でき、採用計画で目標としていた人数を集客することができました。

説明会・インターンから選考までの歩留まり率も、他の媒体と比較してMatcher Scoutの方が移行も良く、最終的には採用要件に合致した1名の内定承諾を実現することができました。

Matcher Scout経由で会った学生層

OB・OG訪問で社会人に相談する学生が登録しているので、選考に参加される学生は話の理解力・論理的思考力が高い方が多かったです。

不動産の販売・コンサルティングを行う上で一定の論理的思考力も必要だと考えています。その点では、論理的思考力を持ち合わせていた学生と多く出会うことができました。

今後の運用について

22卒でも活用させていただき、Matcher Scoutでは母集団を形成することができると感じました。

23卒でも母集団形成のためにMatcher Scoutを利用させていただきます。

22卒では11月頃からMatcher Scoutを利用させていただきましたが、23卒ではインターンシップの集客から活用させていただく予定です。